ビフィズス菌・オリゴ糖で腸内の有機酸を増やし滞留便を撃退

善玉菌を増やす生活=有機酸 (短鎖脂肪酸)が増える=便秘解消

偏った食事、座り仕事(デスクワーク)、ストレス、運動不足、無理なダイエットなど昔の日本人とくらべて現代人は便秘になりやすいです。腸内に便が長時間滞ると大便は、水分を排出しカチカチに固くなります。硬くなると輸送に時間がかかり排便時に痛みがあります。いきむと痛いため排便が億劫になり負の連鎖に陥ります。

 

しかしビフィズス菌などを摂ることで腸内に善玉菌が増えていくと有機酸 (短鎖脂肪酸)も増えていきます。有機酸 (短鎖脂肪酸)は、ぜん動運動を活性化させる働きを持っているため腸内をスムーズに移動します。いいウンコほど腸内に長く留まることなくスッキリ出ます。しかしわるいウンコほど腸内に長く居座ります。

 

ウンコが腸内に滞っていると毎日排便があっても強烈に臭いおならが出ます。毎日排便があるから便秘ではないと勘違いしている人も多いのですがくびれの部分に滞留便が残っていると体内で腐敗し臭いおならが出ます。会社や学校などで無意識におならを我慢しているとおならの臭いは血液にのって体中を巡回し体から便の臭いがするようになります。実際、我が家の息子は小さい頃から便秘がちで体臭が、まさにウンチ臭です。思春期特有の男性臭とは違い、近づくと「もあっ」と臭うのです。

ジュースやお菓子やインスタント食品の量が増えはじめた高校生になった頃、コタツから、うんちの臭いがするようになりました。最初は、誰かおならした?と思って聞いてみても逆ギレされます。車の中で息子を数分待たせると決まってウンチの匂いがするのです。体臭から便の臭いがするようですが、本人は全く気づいていないみたいでした。「便秘していない?」と聞いてみたら毎日出てるというので便秘じゃないなら良いかと気にしないようにしていました。しかしあるとき、「お母さんコタツの中でおならした?」「車の中くさくない?」とたびたび娘から指摘されることが増えてきました。自分の体臭が臭う自覚もありませんでした。ただその頃すごくおならが強烈に臭い時期で毎日排便はあったもののコロコロの兎糞だったのです。滞留便のしわざで体臭までウンコ臭くなっている!!しかも自覚が無いって恐ろしいことです。

 

腸内フローラ

 

 

 

大腸内の有害物質が増加し大腸がんのリスクが高まるといわれています。両親や祖父母など血縁者が大腸がんだとその子どもは、50歳前に大腸がんを発症するリスクが高まります。早期の場合、自覚症状はほとんどありません。

 

 

腸内には、悪玉菌・日和見菌・善玉菌の3種類がいます。生活リズムの乱れや睡眠不足・運動不足・ストレスで腸内は、悪玉菌が優勢になります。

 

有機酸Organic acid を多く含む食品

  • トマト
  • レモン
  • みかん
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • パイナップル
  • プルーン
  • ヨーグルト
  • キウィ
  • 梅干し
  • お酢
  • ローズヒップ

出してもスッキリしない残便感や不快感、腸管に滞留便が残っているのかも?

大便

自分が便秘という自覚がありませんでした。兎糞みたいなコロコロだったり黒くてねっちょりしたウンチだったり・・1〜2日おきに出しているから自分は便秘ではないと信じていました。しかし年齢を重ねるたびに出してもすっきりしないことが増えてきました
。コロコロしたウンチのときは、不快感や残便感を感じるようになりました。

 

腸管に滞留便が残ってる??

 

滞留便なのか宿便なのか黒いネッチョリした便が出たときは「切れ」が悪く便器にもウンチが付着しました。何回もトイレットペーパーで拭き取るのですが便が紙にくっつき粘り気のあるウンチ汚れがつきます。トイレットペーパーを一巻き使ってしまうんぢゃないか?とヒヤヒヤしたこともあります。

 

排便後、玄関のあたりまで強烈な便臭が漂うになりなりお客さんがいらしたときは、「ん?」という顔をされたこともありました。家にいるときはねばっとしたウンチの汚れが拭いても拭いても取り切れないので排便後ウォッシュレットを使うこともありました。でも「強」だと悶絶しそうに痛みがはしります。仕方なくシャワーを浴びたこともありました。だから外出先でウォシュレットが無い場所で便意を催したら「ヤバイ」と思ったし、外出先のウォッシュレットも不衛生な気がして抵抗がありました。でも家以外のところで我慢するのは、お腹にとってもNG習慣なんですね。

 

それでも癖になるのが嫌で下剤や便秘薬は、飲むのを控えていました。漢方薬は飲んでみたけど臭くて苦くてまずくて続けられませんでした。便秘に効くお茶(ダイエットティ)を取り寄せたこともあります。でも一時的に大量に出てお腹がぺたんこになったあと反動みたいに今度は、何日も便がでなくなりました。宿便や滞留便と思われる便が出ることで体重はすんなり落ちるので腸内環境を良くして普段から「溜めない生活」を心がけなければ行けないと思いました。不快感や残便感があるのも便秘の証拠!腸活しなければいけないと痛感しました。


 

あなたはどのタイプ?弛緩性便秘・けいれん性便秘・直腸型便秘

デブな女性

便秘=何日も排便がない人だと思っていたのですが不快感があったり残便感が強いのも便秘の症状だとあとになって知りました。激しい腹痛に悩まされていたというより便意を感じたときにトイレに行ってもスッキリしないかんじです。気にはなっていましたが女性医師が少ない肛門科をわざわざ受診することに抵抗がありました。便秘や痔のCMに女性タレントが起用されても周りには、相談しにくい悩みです。

 

ところで便秘には、大きく分けて3種類あります。弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸型便秘の3つです。

 

私の便の状態は、痙攣性便秘にも直腸性便秘にも弛緩性便秘などその症状も当てはまる気がしました。不規則な生活でストレスも受けやすい環境。性格的な要因もあるようで自律神経のバランスも崩してしまう。痙攣性便秘は、ストレスを受けることで大腸が痙攣を起こります。強い便意を感じてウンチしたい!!とトイレにかけこむのですがスッキリしません。けいれん性便秘の場合、腸管のウンチの輸送がスムーズではないため下痢と便秘を繰り返します。便を出しても残便感があったので、直腸性便秘の状態もあてはまりました。

 

弛緩性便秘 高齢者や運動不足の女性多い便秘、腹筋がないので腸の蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなり便が出にくい。食事の改善と運動で治る
けいれん性便秘 腸管のストレスによる自律神経の乱れが原因、下剤の乱用がひきがねになることもある。下痢と便秘を繰り返す。
直腸型便秘 便が排出される直前の場所(直腸)で便を出したいという感覚が薄れている、朝直に便がたまり強い残便感があります。長年の便秘で便意を感じにくくなっている。下剤や浣腸に頼らないと便が出ない。強い残便感がある

 

オリゴ糖で腸活

 

調べてみると、自分の便秘はどのタイプにもあてはまりました。毎日排便があったので便秘の自覚がまったくありませんでした。でも強烈な臭いのオナラは滞留便のせいだったんですね。水溶性食物繊維が良いということでするっとカフェを飲み始めました。自然なお通じに近づいています。

 

するっとカフェ

 

ビフィズス菌と同様に腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖。砂糖を変えるだけで便秘体質が変わるんだなと実感しました。たかが砂糖されど砂糖でした。普通のお砂糖と比べるとコスパが高いものの味は普通に甘いだけで取り入れやすいと思いました。便秘症でも不味いものや苦いものは、長続きしませんでした。とりすぎはNGですが今の生活スタイルを変えること無く腸活できました。

 

オリゴ

オリゴのおかげ