糖分で便秘解消、てんさい糖やオリゴ糖は腸内環境を整える

ダイエットや便秘の敵なの?味方なの?糖分の正体にせまる

糖類も糖質も糖分も同じ「糖」がつきます。甘いものは、ざっくり便秘やダイエットに悪いだろうと勘違いしている方も多いようです。糖質も糖類も摂り過ぎると太ります。どちらも摂り過ぎは、体に悪いのですが、メタボや隠れメタボ・隠れ肥満などのリスクを上げるのは、糖質ではなく糖類です。

 

三温糖

 

しかし腸にとって良い糖分が「オリゴ糖」です。オリゴ糖は、胃で消化されず大腸で善玉菌を増やす効果があります。オリゴ糖にも種類があって、大豆オリゴ糖(大豆に含まれる)・乳果オリゴ糖(牛乳に含まれる)・ビートオリゴ糖(てんさいやサトウダイコンから抽出)・ガラクトオリゴ糖(母乳・乳製品)キシロオリゴ糖(たけのこやとうもろこしに含まれる)フラクトオリゴ糖(たまねぎやにんにくに含まれる)などは、腸に良い「糖」です。

 

てんさい糖

 

砂糖の原料は、サトウキビ 、テンサイ(サトウダイコン、サトウカエデ 、オウギヤシ(サトウヤシ)、スイートソルガム(サトウモロコシ) ですが上白糖の原料は、サトウキビ。てんさい糖の原料がテンサイ大根。体を冷やすのは、上白糖。体を温めるのは、てんさい糖です。またテンサイ糖は、血糖質の上昇抑制効果もあります。甘みを摂るなら多少高くても白砂糖(上白糖)よりテンサイ糖を選ぶと良いのはそのためです。

 

三温糖が上白糖より良いといわれていたので私は長い間、三温糖を使っていました。しかし三温糖も上白糖も、成分的には大差がありません。ただし三温糖よりてんさい糖は便通には良いみたいです。

 

糖分・糖類・糖類の違いをご存知ですか?

 

以下に炭水化物と糖質と糖類の解説を載せました。糖質も糖類もわかりにくいですよね。最近低糖質ダイエット(糖質制限ダイエット)が流行っているから糖質も糖類も混乱してる人も少くありません。

 

炭水化物と糖質と糖類の解説

 

低糖質ダイエット(糖質制限ダイエット)は、ごはん、麺類、パン、野菜(かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも)、くだもの、牛乳、おやつ、アルコールなどを減らすダイエット方法です。体に糖質が入ってこないとエネルギーとして脂肪を燃焼させるので短期間で痩せます。一時的には痩せたいなら糖質を極端に制限すれば誰でも減量できます。しかし、糖質(ご飯やパン)を元通り摂ると確実にリバウンドするので一生糖質制限ダイエットを続けるのは、難しいことかもしれません。糖質は、脳の栄養分として使われるので糖質が入ってこないとイライラするのです。

 

極端に糖質を排除するよりも上白糖をテンサイ糖に変えたり腸のためにオリゴ糖を摂るとダイエットにも便秘にも良い影響をもたらします。


糖で腸内環境を整える

糖分は、ダイエットの敵のように思われています。もちろんとりすぎはNGです。しかし普段上白糖を使っているなら「オリゴ糖」や「てんさい糖」に変えてみると良いかもしれません。 「オリゴ糖」や「てんさい糖」は、腸内環境や腸内バランスを整えます。悪玉菌の増殖をおさえ善玉菌を優勢にします。赤ちゃんの頃は、善玉菌優勢なのに飲酒や運動不足・食生活の偏りで10代20代なのに60代並みに悪玉菌優勢になっている方も珍しくありません。赤ちゃんのうんちは、臭いが少ないのに悪玉菌が優勢な人ほど便も強烈に臭います
上白糖(白砂糖) 三温糖

さとうきびが原料、グラニュー糖に比べてしっとりした砂糖。甘さは、すっきりしている。ミネラルやオリゴは期待できない。日本で一般的に使われており菓子や料理・飲み物などに使える

ミネラルが上白糖より豊富、甘み(糖度)は、グラニュー糖>上白糖>三温糖の順、黄褐色の砂糖で上白糖より純度は低く煮物や佃煮・お菓子などにつかう。

オリゴ糖 てんさい糖

血糖値をあげにくい・自然な甘さ・低カロリー・腸内の善玉菌を増やす。ビフィズス菌を増やしお腹の調子を整える

てんさい大根(てん菜=ビート)が原料。まろやかな甘さ・風味やコク・照りがありてんさい糖を使うと料理上手になる。体に良いカリウム、カルシウム、リンなどのミネラルやオリゴが含まれる。砂糖は、体を冷やすといわれてるがてんさい糖は、体を温める。血糖値の上昇が緩やか。オリゴ糖が含まれておりお腹でビフィズス菌を増やしてくれる

グラニュー糖(グラニュ糖) 氷砂糖

さとうきびが原料。カスターシュガーまたは、キャスターシュガーともいいコーヒーや紅茶に使う。空気を含ませ顆粒状にすると、ヨーグルトにかけるフロストシュガーなる。血糖値が上がりやすい。上白糖より大きいザラザラした結晶。

 

さとうきびが原料。大きな砂糖(ショ糖)の結晶で粒が大きく大きさも形もバラバラでかち割り氷のような形をしている。ロック氷糖・クリスタル氷糖 (crystal candy) と呼ばれている。果実酒・梅酒につかうほか、疲労回復効果があり防災食として登山・マラソンなどの補給として使う。黒豆・豚の角煮や鶏肉の甘から照り煮など煮物で使う場合は、熱をしっかり加えると溶けやすい

中双糖(ちゅうざらとう) 黒糖

原料は、さとうきび。ザラメともよばれる。綿菓子やカルメ焼きカステラで使われる。ザラメは醤油との相性がよく照りとコクが出るため煮物や佃煮で使うと美味しい。綿菓子にも使える

原料は、さとうきび。黒褐色の砂糖・料理や菓子に(かりんとう・蒸しパン)に使う。ちんすこうやサーターアンダーギー・ちんびん・まろやかな甘さ。コーヒーに入れるブラウンシュガーとは別物。血糖値の上昇が緩やか。風味豊かで懐かしい味。

上白糖から三温糖に変えた時は、何の効果もなかったのに上白糖や三温糖からてんさい糖に変えたら、毎日お通じが出るようになりました。 糖で腸内環境が変わるのは本当だと思いました。 てんさい糖は、上白糖や三温糖・きび糖より値段が高いです。値段でいえば上白糖<三温糖<きび糖<てんさい糖
上白糖 三温糖 きび糖・オリゴ糖 てんさい糖・オリゴ糖
スプーン印上白糖1キロ320円 スプーン印三温糖1キロ360円 スプーン印本きび赤糖1キロ658円 さとうきび糖600グラム370円  
カップ印上白糖1キロ288円 カップ印三温糖1キロ340円 カップ印きび糖750グラム410円  
伊藤忠製糖 上白糖 1キロ486円 伊藤忠製糖 三温糖 1キロ345円 伊藤忠製糖沖縄奄美のきびオリゴ350ml545円  
パールエース印上白糖282円 パールエース印三温糖1キロ334円 パールエース印オリゴのおかげ(液状と顆粒)558グラム856円  
ホクレン上白糖1キロ315円     ホクレンてんさい糖650グラム575円
きび糖や、オリゴ糖・てんさい糖の値段は、高いですが、価格が高いだけのことはあります。とくにオリゴ糖は、腸内フローラの改善には欠かせません。普段の食生活に摂り入れると便秘解消に役立つかもしれません

腸内環境を整える「オリゴ糖」赤ちゃんや子どもの便秘改善荷役立つ3選

カイテキオリゴ

赤ちゃんもすっきり 長年のトイレの悩み、もっと早く知っていたら解決したのにと思いました!高純度オリゴ糖、赤ちゃんや子どもにも安心なのでママにもBabyも一緒に飲めます。便秘薬や下剤に頼りたくない、腸内バランスを整え善玉菌を増やし自然なお通じを促します。便秘解消ランキング1位、オリゴ糖全国売り上げ1位。5年連続モンドセレクション最高金賞受賞。無着色・無香料・吸湿しにくい!普段の飲み物や混ぜたり熱に強いから料理や離乳食にも混ざられます。

オリゴのおかげ

お腹の調子をスッキリ整えるトクホの「オリゴのおかげ」。液状と顆粒があります。液状は、量のかげんがまちまちになりますが顆粒は、小分け包装は使い切りタイプなので使いやすく1回分ずつなので湿気の心配もありません。バッグにいれて持ち歩けて便利、外出先や職場でも腸活を続けられます。フルーツや無糖のヨーグルトにかけるとビフィズス菌とオリゴ糖が同時に摂れて便秘知らず。プレーンヨーグルトについてくるフロストシュガーより食感がガリガリしています。口コミでは効果がないとか効かないという声もあり飲み始めるまで心配でしたがコロコロのウンチでしたが薬を飲まなくてもスムーズに出るようになリお腹にも優しいです。特に副作用もなくリーズナブルで続けやすい。

はぐくみオリゴ



慢性的な便秘症で長らく自覚症状が無かったのですが、トイレに行っても残便感がありスッキリしなかったのでゴールデンキャンドル配合のお茶を飲んでいたこともあります。お茶を飲むとたくさん出てスッキリするし体重も落ちるのですが味に、癖があって飲みきれなかったのでオリゴ糖を試しています。優しい甘さで飲み物の邪魔をしません。冷たい物には少し溶けにくいです。今は販売元で定期購入をしてい

力んでも出ない!出てもすっきりしない。軽い便秘を見逃さないで!

お腹が痛い

もしかして便秘かな??力んでも出ないとき出づらいとき、出てもすっきり感がないときそんなことを思いました。だけどうんちのことって相談しにくいものです。体調によっても変わるので明日になれば治ってるかもしれない!といった期待を寄せてしまいます。しかし軽い便秘を軽い気持ちで放置すると中等度→下剤依存症→重症化していきます。私の友人で、周りに気を使いすぎストレスを溜めやすい子がいます。当時は、寮で一緒に生活していたため先輩が部屋にいるときは、寮での排便を我慢して会社の3階まで行き(ほとんど人が入らないトイレ)用を済ませていました。

 

とにかく人からどう見られているかを必要以上に気にする性格で20代のときも下剤を服用し出にくいときは薬を飲んでいました。当時は、薬を飲めば排便できるので「体質だから仕方ない」と軽く考えていたようです。30代から40代にかけて恋愛・結婚・出産も経験しましたが便秘体質が、変わるきっかけにはなりませんでした。

オリゴのおかげ

 

不規則な生活だったことも災いして完全な便秘体質になっていました。スパで彼女のお腹をチラ見したら鏡餅のような三段腹になっていました。毎日出ないのが辛いからと下剤に頼っていたことと運動不足も影響したのでしょう。下剤がないと排便できない下剤依存症の友人。年に1度の旅行のときも、トイレから出て来られず・・時間がかかっても出るなら楽になりますが出ないのが本当につらいところです。

 

本当なら腸に便が溜まると排泄をするために直腸側にうんちが移動し便意が生じます。しかしストレスや運動不足腸内環境の悪化によって老廃物が排泄しづらくなってくると負の連鎖に陥り悪玉菌が増え体臭が臭うようになりいいことは1つもありません。


糖分はダイエットや便秘の敵?味方?関連ページ

適度な香辛料(スパイス)は便通を促す
インド人に便秘はいない?365日スパイス(香辛料)が効いたカレーを食べるから便通が良いらしい、インド版ハーブ、コリアンダーに驚きの整腸成分。スッキリ出したいなら生姜&ニンニクが効く、出産後まもない女性や痔の人は、ハーブティで体質改善すると良いかも
朝の水分補給で便意を呼び起こす
朝冷たいを水を飲むと便意を感じる。ウンチがしたいと思わない人は要注意。幼稚園保育園の送迎、嫁姑問題、ママ友とのお付き合い。多忙でストレスが多い現代の女性たち。自覚症状が無い便秘症が増加。牛乳・麦茶・ハーブティ・白湯・あたたかいお茶、水分補給で便意をコントロールする
有機酸(Organic acid)食品でカチカチ便秘(糞詰まり)解消
有機酸(ゆうきさんOrganic acid)でカチカチ便秘(糞詰まり)解消。肛門出口の大便が出そうで出ない!有機酸豊富な食品一覧、バナナ・いちご・ブルーベリー・ラズベリー・トマト・梅干し・レモン・ライム・キウイ・グレープフルーツ・パイナップル・ルバーブ
ミネラル食物繊維豊富な玄米で便秘改善
ミネラル・食物繊維な玄米。食生活が欧米化し飽食の現代、便秘や痔・大腸がんのリスクも高まっている。体重・腹囲・BMIが普通なのに血糖値や血圧が高く脂質異常が見られる隠れメタボの女性が増えている。隠れメタボ解消に役立つ玄米を積極的にとりたい
下腹ぽっこりお腹も玄米粉でスッキリ
便秘がちの下腹ぽっこりおデブさんにとって玄米を粉末(パウダー)にした玄米粉が救世主になるかも?体重は落ちてもウンチが出なくてお腹がスッキリしない人、生活習慣病やスタイルが気になる方は小麦粉と置き換えて使うと効果的、グルテンフリーダイエットが痩せやすい理由
年代(年齢)性別ごとの食物繊維必要量
ウンチを出しやすくするのは、どっち?不溶性食物繊維・水溶性食物繊維の違いを解説、日本人のウンチの量は、昔より減っている。排便リズムが整わない便秘症の人が増えている。年代(年齢)性別ごとの食物繊維の必要量。
オリーブオイル、ごま油、適度な脂質でスルッと快便
脂質は、悪者ではない!良質のごま油やオリーブオイルでするっと快便!しつこい便秘を解消できるかも?石みたいに硬いウンチ、ドロドロ水みたいな便どっちも最悪!腸が喜ぶ食べ物・嫌がる食べものを徹底調査
赤ちゃん・子どもの便秘
小学生 中学生なのにウンチが出にくい、母親が便秘だと子どもにも遺伝する、増えている子供の便秘
胚芽でお通じパワー全開
精白米より玄米や発芽玄米が、便秘・肥満解消に役立つことがわかっている。玄米だけでなく三分搗き、五分搗き、七分搗きには胚芽があり腸内環境を良くする働きがあるので主食を変えると効果的、精白米や発芽米の特徴メリット・デメリットをイラストで解説
糖質制限ダイエットの弊害(デメリット)
低炭水化物ダイエットやローカーボ・糖質制限が空前の大ブーム。回転寿司でもシャリを残す女性がきゅの弊害(デメリット)うんちのもとになる炭水化物が不足すると食物繊維が足りず便秘になりやすい。主食の量でうんちが決まる。