香辛料(スパイス)効いたカレー食べるインド人は、便秘知らず、

インド人は便秘知らず?スパイス香辛料で驚くほど便通が良くなる

スパイス

先日、ママ友親子でネパール人が経営していると思われるインド料理店に行って来ました。作る人もレジもウェイターも全員ネパール人っぽい。驚くほど大きいナン(おかわり自由)とサラダ・ドリンクなどのお得な850円のセットランチを注文しました。片言の日本語なので通じなかったのか?子どもに優しい国民性なのか子どもにもサラダもドリンクもアイスもサービスでやってきました。お会計でぼったくられるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、それは無かったので安心しました。

 

インドカレー

 

笑ってしまうくらいのデカすぎるナンに衝撃を受けながら全員食べきれなかった・・という・・笑。たぶん普通の日本人なら3人でシェアいてちょうどいいくらいw。厚みも大きさもただただデカイ。

 

食べながら「こんなに大きすぎるナンを提供していて店の経営は成り立つのか?インド料理店として損はしていないのか?」という話題で盛り上がりました。(相手はインド人なのでたぶん噂話を理解できない)結局日本のカレーと違って、香辛料(スパイス)を水で溶いてるだけだから激安価格でも経営が成り立つのではないか?結論にたどりつきました。

 

ココイチのナンの5〜6倍、ココスのナンの7倍くらいありました。ママ友のAちゃんは、看護師さん!でも長年の排便のトラブルに悩まされており4〜5日うんちが出ないのも当たり前だと話していました。

帰りの車の中でママ友Aちゃんが「インド人は、1年中3食カレーを食べてて朝から晩まで香辛料を摂るから便秘の人いないんだって!みんな便通が良い人ばかりみたい。快便なんて羨ましいよね

 

カレーには、様々な香辛料(スパイス)が使われています。辛くするために、チリ・ペッパー、カイエンペッパー、胡椒、旨味にニンニク、ショウガ、香り成分にガラムマサラ(シナモン・クローブ・ナツメグ)、エスニックな香りをつけるクミンやスパイシーな香りのコリアンダー、クローブ、ナツメグ、キャラウェイ、フェンネルを使い独特の色をつけるためにターメリック、サフラン、パプリカを使います。中でも整腸成分のあるスパイスがクミン、ターメリック、コリアンダー

 

インドが原産のターメリックは、二日酔い抑止効果があるウコン、体内の毒素を排出するコリアンダーは、中国パセリと呼ばれるパクチーシャンツァイ (香菜)のこと、適度なスパイス(香辛料)は、インド版ハーブ。わさびや生姜が和ハーブといった薬効成分が期待できるので便通を促しやすいといわれているのです。

 


スッキリ出したいなら!生姜&ニンニク

生姜ニンニク

うんち(大便)が出ない悩みは、人には相談しにくいものです。厚生省の調査によると病院の便秘外来にかかる人は、3割程度。コッソリ市販薬を飲んでいる人は、4割。何もしない人が3割だそうです。便秘に危機感や自覚症状がないため放置してる人って多いみたいです。でも多忙でストレスの多い現代社会は、2人に1人は、便秘。高齢者、中高年、10代、20代でお通じの悩みを抱えている人は少なくありません

 

口から食べ物を食べると食道を通って胃、十二指腸から長さ5〜6メートルの小腸を抜け、1.5〜2mの大腸を通り。9メートルの長旅を終えます。無事肛門からうんちが排出されればいいのですが残便感がある、スッキリしないと困ります。

 

パワーの源ニンニク、からだを温める生姜、適度な香辛料は、排便を促す効果が期待できます。


切れ痔の人は、香辛料を控えたほうが良い?

痔

切れ痔やいぼ痔の人は香辛料を控えたほうが良いですか?

痛い裂肛(きれ痔)や痔核(イボ痔)痔瘻(穴痔)などうっ血や炎症・腫れ・痛みがあるときは、香辛料など刺激物は避けたほうが良いとされています。痔の人=香辛料や刺激物・アルコールを控える、便秘の人は、適度な香辛料・アルコールなどは排便を促してくれるので予防につながります。そもそも便秘になるから痔になるのでうんちが出にくい人は、日常生活から改善しましょう。インド人が快便なのは、カレーを食べるからといわれています。、カレーに使う香辛料がハーブと同じ薬効が期待できるためです。「ぢ」は男性だけだと思ったら大間違いです。男性よりも女性が、痔になりやすいのは、妊娠中・出産後・更年期など女性ホルモンの影響を受けることや男性よりも筋肉量が低いこと。運動不足で冷え性のため血行が悪いといった悪条件が揃っているからです。


辛い香辛料が苦手な方は、ハーブティが良いかも?

ハーブ

ハーブの効果なんて全く信じてなかった私ですが、妊活中に出会ったハーブティが【AMOMA】妊活ブレンド。オーガニックでノンカフェインだったので妊娠中も産後もAMOMAののハーブティを飲んでいました。一人目を出産したときトイレに行くたびに赤ちゃんの泣き声に邪魔されウンチがカチカチになりでなくなってしまいました。会陰切開の傷も痛むし大便をいきむのが怖くなってしまったのです。

 

恥ずかしい話・・産後すぐに「痔」になりました。

 

うんこは出ないし体重減らないし頑張っていきんだら大出血、もはや悪露なのか、オシリから出ているのかわからないぐらいでした。オシリも痛い!ウンチは詰まったみたいに出てこないし、会陰部の傷も癒えてないし最悪な気分でした!仕方なく赤ちゃんを連れて肛門科に行きました!!当時20代で肛門科は、ほとんど男性客ばかりで恥ずかしくて顔から火が出そうだったことだけ鮮明に覚えています。二人目のときは、便秘にならないように気をつけました。ハーブティは、くすりじゃないけど飲むと体がぽかぽかするし冷え性や便秘・むくみ体質改善につがった気がします。産後授乳中もオーガニックなので安心でした。

 

毎日快便!むくみ・冷え性改善にハーブティー

 

AMOMA

 

産後ブレンド

ハーブティーは、AMOMAが初めて。好みもあると思うし他のメーカーは飲んだことが無いけど意外と飲みやすかったです。価格も良心的だし。

 

私は、妊活ブレンドと妊娠中のマタニティブレンド、産後ブレンドを飲みましたが、授乳中や卒乳時専用にブレンドしたものありました。

 

産後ブレンドは、出産後の便秘や冷え性‥むくみなどの体質改善のほか、育児ストレスや生理前のイライラが強い人向きのハーブティです。

 

最初の出産後、赤ちゃんは、ずっと泣いてるしトイレにもゆっくり行けないし一晩中泣き叫ぶので発狂しそうになったことがあります。慢性的な寝不足と育児ストレスで便秘になってしまったのです。

 

お通じがないとイライラするし体に毒素が溜まるみたいでダルく疲れやすくなる私。「こっちが泣きたいわ!」と虐待寸前の育児ノイローゼ気味でした私を救ってくれました。

 

産後ブレンドは、ラズベリー・パッションフラワー・ローズ・レモンバーベナ・カモミールが配合されててカモミールの甘い香り。うんちが出ないとイライラしやすい私には合っていました。私みたいにストレスで便秘になりやすい人や「痔」の方にもハーブティなら良いかもしれませんね。→産後バランスブレンド


適度な香辛料(スパイス)は便通を促す関連ページ

朝の水分補給で便意を呼び起こす
朝冷たいを水を飲むと便意を感じる。ウンチがしたいと思わない人は要注意。幼稚園保育園の送迎、嫁姑問題、ママ友とのお付き合い。多忙でストレスが多い現代の女性たち。自覚症状が無い便秘症が増加。牛乳・麦茶・ハーブティ・白湯・あたたかいお茶、水分補給で便意をコントロールする
有機酸(Organic acid)食品でカチカチ便秘(糞詰まり)解消
有機酸(ゆうきさんOrganic acid)でカチカチ便秘(糞詰まり)解消。肛門出口の大便が出そうで出ない!有機酸豊富な食品一覧、バナナ・いちご・ブルーベリー・ラズベリー・トマト・梅干し・レモン・ライム・キウイ・グレープフルーツ・パイナップル・ルバーブ
ミネラル食物繊維豊富な玄米で便秘改善
ミネラル・食物繊維な玄米。食生活が欧米化し飽食の現代、便秘や痔・大腸がんのリスクも高まっている。体重・腹囲・BMIが普通なのに血糖値や血圧が高く脂質異常が見られる隠れメタボの女性が増えている。隠れメタボ解消に役立つ玄米を積極的にとりたい
下腹ぽっこりお腹も玄米粉でスッキリ
便秘がちの下腹ぽっこりおデブさんにとって玄米を粉末(パウダー)にした玄米粉が救世主になるかも?体重は落ちてもウンチが出なくてお腹がスッキリしない人、生活習慣病やスタイルが気になる方は小麦粉と置き換えて使うと効果的、グルテンフリーダイエットが痩せやすい理由
年代(年齢)性別ごとの食物繊維必要量
ウンチを出しやすくするのは、どっち?不溶性食物繊維・水溶性食物繊維の違いを解説、日本人のウンチの量は、昔より減っている。排便リズムが整わない便秘症の人が増えている。年代(年齢)性別ごとの食物繊維の必要量。
オリーブオイル、ごま油、適度な脂質でスルッと快便
脂質は、悪者ではない!良質のごま油やオリーブオイルでするっと快便!しつこい便秘を解消できるかも?石みたいに硬いウンチ、ドロドロ水みたいな便どっちも最悪!腸が喜ぶ食べ物・嫌がる食べものを徹底調査
赤ちゃん・子どもの便秘
小学生 中学生なのにウンチが出にくい、母親が便秘だと子どもにも遺伝する、増えている子供の便秘
胚芽でお通じパワー全開
精白米より玄米や発芽玄米が、便秘・肥満解消に役立つことがわかっている。玄米だけでなく三分搗き、五分搗き、七分搗きには胚芽があり腸内環境を良くする働きがあるので主食を変えると効果的、精白米や発芽米の特徴メリット・デメリットをイラストで解説
糖分はダイエットや便秘の敵?味方?
甘い糖分は、ダイエットや便秘の敵なの?味方なの?とり過ぎは良くないけれど体に良い糖がある!上白糖・三温糖・きび糖・てんさい糖・オリゴ糖、味や原料・メリットを徹底解説、糖で腸内環境がよくなるってホント?便秘を解消したいなら、てんさい糖やオリゴ糖を摂る
糖質制限ダイエットの弊害(デメリット)
低炭水化物ダイエットやローカーボ・糖質制限が空前の大ブーム。回転寿司でもシャリを残す女性がきゅの弊害(デメリット)うんちのもとになる炭水化物が不足すると食物繊維が足りず便秘になりやすい。主食の量でうんちが決まる。